忍者ブログ
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

―前回までのあらすじ―
校則が微妙に変わって、人形やアクセサリーを認めたN中学・高等学校
その次の日から、色んな物を持って来ている生徒達
こんなの学校と呼んでいいのか?
―本編―
め「いやー、まさか人形とアクセを認めるとは」
横「と、いうより人形ってことはRozen達がやったんじゃね?どうなんだ金糸雀?」
金「え、えと、どうなのかしら~」
横「・・・(こいつ)」
金「あら~、もうすぐSHRなのかしら~。急ぐかしら~」
横「マジでっ、ヤバッ、じゃなめぐろ?」
め「あ、ああ・・・」
銀「早く、鞄から出しなさぁーい!」
め「教室に入ったらな(出したくねー。うるせー奴がいるから)」
銀「だったら、とっとと行く」
め「はいはい」
―その頃―
い「よお、刀野と翠星石」
刀「ああ、おはよー」
翠「おはよーですぅ。あ、蒼星石ー!」
蒼「やあ、翠星石、それに刀野君」
い「ほら」
いまいゑが当たり前のように自転車から降りた
刀「何、乗れと」
い「いつも、帰りにやってるじゃん」
刀「じゃあ」
乗ろうとした瞬間
?「おーーーい!!」
刀・い(誰だ?)
浅「おはよー、刀野さん、いまいゑさん」
刀「よお、浅魔とキラキー」
い「よお、浅魔とキラキー」
雪「おはようございます、皆さん」
浅「あれ、いまいゑさん走るんですか?流石ですね~。」
い「はいはい」
蒼「え、マスターいつも走ってるの?」
い「まあな。・・・そうそう、蒼星石、俺の肩に乗れ」
蒼「え、何で?」
突然のことで、少しうろたえながら聞いてみた蒼星石でした
い「かごの中、荷物でいっぱいになるから。大丈夫、落としやしないようにするから」
蒼「本当だね。絶対に落としちゃだめだよ」
い「ああ」
そして、肩車状態に近い状態で肩に乗った蒼星石は
蒼(うわ、高くて眺めがいい。それに、少しチクチクするけど温かいなー。)
と、思っていました。
い「それじゃ、行きますか」
刀・浅「ああ」
そして、学校へ行きました。目の前には、戦オタの姿も
(ちなみに、翠星石が駄々をこねてしまったので、いまいゑの両肩に翠星石と蒼星石が乗ることになってしまいました)
―さらに、その頃―
ナ「遅せーぞ、JUN」
J「いやー、ゴメンゴメン」
真「まったくなのだわ」
J「だって真紅が・・・、何でもありません」
真「あら、バラシー、おはようなのだわ」
薔「おはよう・・・」
な「早く行くぞ、遅刻するから」
J「わ、わかった」
そして、SHRをやり、午前中は、少しにぎやかになったが無事終了
事件は五時間目の世界史の授業で起きた
―五時間目―
生徒A「起立、礼」
全員「お願いしまーす」
先生「114ページ、オスマントルコです。えー、それがね、卒業・・・」
すると、窓が素元波のようになり、一瞬かなり光って・・・ドーーーン!
銀・翠・蒼「!(来た)」
窓からは大木が突き出していました。
(注:幸いけが人は0です。っていうか、当てろよな大木)
銀「めぐろ?あれを止めるから手伝って!」
め「ああ」
翠「チビ人間、いまいゑ!!皆を避難させるです!」
刀・い「分かった」
い「蒼星石!あの大木がこっちに来ないようにしてくれ」
蒼「はい!マスター」
―その頃先生は―
先「うちのね・・・つまり・・・いわゆる」
ヒューーー、ガン!!
先生は廊下にぶっ飛ばされ、そのまま気絶してしまいました。
(注:かなり鈍感だなー)
い「よし、全員避難したな。後は、めぐろ?と水銀燈と蒼星石か」
刀「めぐろ?!水銀燈!蒼星石!皆逃げたから早くこっちに来い!」
蒼「うん!」
銀「無理」
め「ああ」
い「何でだ!」
め「これを止めてから行く」
蒼「え、じゃあ、僕も・・・」
め「お前は向こうに行け。他からも来るかもしれない。翠星石だけじゃ不十分だ!」
蒼「でも・・・」
銀「早く行きなさい!・・・めぐろ?頼んだ」
め「あいよ」
すると、めぐろ?は蒼星石の首根っこを掴み、廊下に放り投げました。
蒼「うわっ!」
め「まかせろ」
い「・・・死ぬなよ」
め「ああ」
そして、全校は校舎の外に避難しました。
銀「いいのよ~。出て行っても」
め「俺はお前のミーディアムだろ」
銀「フフフ。じゃ、行くわよ!」
め「ああ」
銀「それ」
すると、水銀燈の羽が、大木に向けて一斉に放たれました。
め「それじゃだめだ。火を使え!」
銀「分かったわ」
さらに羽が火をまとい大木のところで爆発しました。
銀「どぉ~」
め「!!」
しかし、大木は少しへこんだだけでまだまだ元気でした。
め「どうしたら・・・(ここを守らなきゃいけないのに・・・)
銀「!!めぐろ?!」
め「!」
大木がめぐろ?目掛けて向かっていました。
間一髪かわしためぐろ?
でも油断はできません。
め「(一体、どうしたら・・・)!水銀燈!!」
銀「!!ぐわっ!」
め「水銀燈ーーー!てめぇーーー!!」
すると、めぐろ?の思想石が強く光り、指輪も光って水銀燈に力を与えました
め「水銀燈、容赦しなくていいぞ」
銀「分かった」
大木が一斉に、一人と一体に襲いかかりましたが、余裕でかわされました。
め「(分かる。どこにどの速さでくるか)上に避けろ!」
銀「コクッ」
すると、待っていたかのように大木がめぐろ?に突きをくらわせようとしました。
め「こっちに向かってジソク75kmで来てる」
めぐろ?は5秒かけて余裕でかわしました
め「水銀燈、そろそろとどめだ。右から四番目の窓に竜をぶち込め!」
銀「分かった」
しると羽が竜の形となり、右から四番目の窓を貫きました。
め「防御用の木はジソク5km
そこに水銀燈の羽をいれるのは簡単だ。しかも、そこが本体だからな」
大木は内側から消滅しました。
―その後―
学校は大木のせいで放課となり、しばらく休日が続くそうです。
銀しっかし、あの時は可愛かったわねぇ~。
『水銀燈ー!』なんか言って」
め「うるせー」
浅「へー、他には?」
銀「ひ・み・つ
翠「ちぇ、もっと聞きたかったですぅ~」
め「止めろー」
い・蒼「残念」
刀「まったくだ」
雪・薔「・・・・・」
銀「あら、だったらいつでもお話してあげるわねぇ~」
ナ「楽しみだ」
戦「上の同じ」
め「だ~か~ら~、止めろー!」
め以外「「「「「「「「「「「「「「「無理」」」」」」」」」」」」」」」
め「・・・・・」
そんなこんなで学校は無事でした。
その頃先生は・・・
先「・・・ガビチュレーション・・・」
意味不明なことを言っていました。
―続く―


いえええい
いまいゑです。
お久しぶりです。
いやー、申し訳ない。だいぶうpするのが遅くて首を長くしていたと思います。
なので今回は珍しく長編でした。
(首、イテー)
長すぎかな・・・
ま、いっか
楽しんでいってください。
コメントレス
七夜さん>>気にしたら負けだ
ししんたんさん>>まだまだ神ではありません。
vipperさん>>さらなる進化を!
琥珀さん>>すべてを楽しみにしていてください。
vipvippervippest>>どんどん期待してください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
俺の頭じゃ100回読んだだけじゃ状況がよくわからないぜ…
クォリティーが高すぎて頭良くない人からするとかなり難しい話になってきたな
ししんたん 2008/03/11(Tue)13:31:47 編集
無題
これはコメントに困るぐらいのクオリティですね
国語力が高すぎて理解にとても時間が
かかってしまいました。
vipper 2008/03/11(Tue)19:47:40 編集
無題
旅行から帰ってきました。
内容はまあ大体なら理解できるね。
これからだんだん面白くなってきそうだね。
琥珀 2008/03/14(Fri)18:59:47 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[09/27 七夜]
[04/14 めぐろ?]
[03/01 七夜]
[02/09 暴想処女]
[01/21 七死]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]