忍者ブログ
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

―前回までのお話―
凛と一緒に木漏れ日商店街を散策していたとき、ゲーセンでプリムラと出会った。
どうやら、プリムラは凛に会いたがってたようだった。
そして、プリムラはネリネと知り合いらしいので魔王亭へと向かうことになったのだが、魔王亭に着いた途端ライダーに遭遇してしまった。
さて、これからどうなるのやら・・・
―本編―
ラ「ソイツを渡してもらおうか・・・」
ランサーが魔王亭の屋根から言った。
め「そんなことできるか!」
ラ「ほう、この状況においてまだ強気でいるか」
ネ「リムちゃんは渡しません!!」
言うが、否かランサーに向けて高密度の魔弾を発射したが
ラ「フン、そんな程度で俺を倒せるか!!」
と、易々と魔弾を避けた。
ネ「そ・・・そんな・・・」
それもそのはずである、ネリネの魔法力は魔界でも屈指の量であるのだから、当然威力も馬鹿にならない。
だが、それを彼は易々と避けたのだ。
ラ「確かに、あんたの魔力は俺を消すには十分の魔力がある。だが、あんたと俺ではくぐってきた修羅場の数が違う。そんな、感情まかせの攻撃などきくはずもなかろう」
それもそのはず、彼には矢避けの加護があるのだから。
ネ「くっ」
凛「すぐに、神王のおじさんと魔王のおじさんを呼ぶんだ!!」
ラ「あ、そんなことができると思ってんのか?」
凛「え?」
ネ「そ・・・そんな、空間が断絶されてる・・・」
め「なんだって?ランサーにはそんな能力はないはず・・・」
流石ですね、Fate/stay nightをよく理解していらっしゃる。
ラ「フン、俺のマスターが人避けの結界ではなく、空間自体を断絶するとは俺もおどろきだ。まぁ、邪魔が入らなくて助かるがな」
ネ「いったい、どうすれば・・・」
め(確かに、この状況はまずい。何か、策があれば・・・)
ラ「さて、俺はさっさと自分の仕事をしなくてわな。じゃ、その子をいただくぜ」
と、言ってまっすぐにプリムラに突進した。
め「ちぃ」
めぐろ?がすぐさまに反応して彼とプリムラの間に体をすべりこませ迎撃した。
ちなみに武器はラティ対戦車ライフルです
(注:ラティ対戦車ライフルとは、全長2メートル以上、重さ50キロ近くの銃であり、口径20ミリの弾を十発までセミオートで連射できる化物銃です)
ラ「ちぃ」
ランサーは即座に反応して回避しました。
ラ「なかなか、面白いものをもってるじゃねーか。どうやらアイツを手に入れるにはお前を倒すべきのようだな!!」
ランサーが突進してきました。
めぐろ?はそれをラティで迎撃しますが、一向に当たりません。
めぐろ?(ちぃ、矢避けの加護は意外と面倒だな。アレの弱点は遠距離なら矢避けの加護は無効だが空間が断絶させられているから無理だ。後は確か・・・、ん、そうか)
め「ネリネ、しばらくアイツをとめられるか?」
ネ「え?動きを止めるのですか?でも私にそんなことが・・・」
め「できるよ。アイツの対魔力はあまり高くない。しかも、それは魔術に対してだ。魔法に対してはほぼ0だと考えてもいい」
ラ「な、魔法だと・・・」
凛「でも、魔術と魔法は同じなんじゃ?」
め「アイツの世界では魔術と魔法は全くの別物なんだ。魔術はごく一部の人間が使えるが、魔法は奇跡とほぼ一緒。なら、ネリネの魔法もアイツには効くはずだ」
ネ「分かりました、やってみます」
ラ「させるかー」
ランサーが槍の構えを変えた。
め(しまっ、)
ネ「くっ」
ランサーの魔力が槍に集中し、真名が紡がれた


「―刺し穿つ死棘の槍(ゲイ・ボルグ)―」

ランサーの宝具がネリネに向けて繰り出された。
ネ「くっ」
ネリネはとっさに防御魔法に切り替えこれを防いだ。
ラ「いつまで持つかな?」
め(!!今だ!!)
めぐろ?は発動中のがら空きを見つけすぐさま呪文をとなえた

「―I am the bone of my sowrd.

Steel is my body, and fire is my blood.

I have created over a thousand blades.

Unaware of loss.

Nor aware of gain.

With stood pain to create wea
pons, waiting for one's arrival.

I have no regrets. This is the over path.

My whole life was "unlimited blade works"
―」

唱えた瞬間、彼らの周りに炎が走り、壁となり、荒野となり、無限の剣が地面に刺さっていた。
ネ「こ、これは・・・」
凛「な・・・なんだ」
ラ「固有結界だと・・・」
め「お前の矢避けの加護の弱点は二つある。一つは遠距離からの攻撃、そして、もう一つは広範囲攻撃だ。
お前の負けだ、あきらめろ」
ラ「フッ、そんな程度で負けるか!!」
ランサーがめぐろ?にむけて突進したが、
め「おりゃあああああああああああ!!」
めぐろ?の怒声と共に無限の剣がランサーに向けて襲い掛かった。
ラ「ぐっ」
ランサーは槍を駆使して剣を防ぐも、その数に対処できず、次第に崩れていった。
ラ「くっ、だが、俺を簡単に殺せるかな?」
め「ああ、だからこいつを使うんだ」
そして、めぐろ?はある宝具を投影した。
それは、総てを殺す細刀(アサシンダガー)を投影し、とどめを刺した。
その後、ランサーは消滅し、無限の剣製(アンリミテッドブレイドワークス)も解除された。
凛「ふぅ、これでもう大丈夫なのか?」
め「ああ」
ネ「リムちゃん大丈夫ですか?」
プ(コクッ)
凛・め(か・・・可愛い・・・)
おい、この二人・・・
魔「大丈夫かい、皆?」
魔王が真剣な表情でめぐろ?達に向かってきた。
魔「ごめんね、強大な魔力を感じたから向かおうと思ったら空間が断絶されてしまってすぐに助けられなかったんだ。でも、よく無事でいたね」
ネ「めぐろ?さんがたすけてくれたのです」
魔「そうみたいだね、彼から不思議な力を感じたからね。本当にありがとう。」
め「いえ、でも、あいつらはプリムラを狙っているみたいです。」
魔「リムちゃんをだって?」
め「ええ。なので、彼女について詳しく聞かせてくれませんか?」
ネ「・・・・・」
魔「・・・・・この際だし仕方がない。迷惑をかけたし彼女について話すとしよう。皆、中に入ってくれ」
と、魔王亭に皆が集まることになった(もちろん、神王家も)。
さて、これからどうなるのか?
そのお話はまた今度
―続く―


PR
―前回までのあらすじ―
ランサーとの勝負には勝ったものの、取り逃がしてしまっためぐろ?達は魔王様の家で泊まることになった。
さて、この後は一体どうなるのだろうか・・・
―本編―
めぐろ?は稟と一緒に木漏れ日通りに来ていました。
め「へー、こうして見るとけっこう店は充実しているんだね」
稟「まあな、バーベナ学園ができたのとほぼ同時に今の木漏れ日通りが出来たからな」
め「あそこにはゲーセンがあるんだね」
稟「ああ」
と、言いながらゲーセンを通り過ぎようとした時、めぐろ?と稟はゲーセン内にいる女の子を見つけてしばらく立ち止まってしまった。
見つけた女の子はまさに人形のような可愛さを持っていたが、無表情で今すぐにでも消えてしまいそうに見えていた。すると、そこに・・・
?「キャッチャーマシンでは幼子はとれないよ」
め・稟「!!」
後ろから声が聞こえたので振り返ってみると、眼鏡をかけた男性がいた。
?「まあ、どうしてもって言うなら、紹介してあげてもいいけどね。っと、隣にいるのは、誰かな?」
めぐろ?と稟は目で一瞬だけ話し合って
稟「樹か、こいつはめぐろ?っていって別世界から来た人間だ」
樹「へ~、神属にも魔族にも見えないけどね」
稟「神界からでも、魔界からでもない、異世界からきたんだ。まあ、簡単に言えばもう一つの人間界かな?」
樹「へ~、そうなんだ」
め「めぐろ?です」
樹「いつもなら、あまり気にしないんだけどね、稟の友達だ。どうも、バーベナ学園の頭脳と呼ばれた男緑葉樹だ。よろしく。別に敬語は使わなくてもいいよ、どうせ、これからも付き合うことになりそうだしね」
め「そうだな」
稟「ところで、お前はなんで彼女くらいの子を紹介できるんだ?」
樹「知らないのかい?俺様の友好範囲は十の位が一以上四以下だからね。稟の好みの女性くらい一人や二人紹介できる」
め「稟、お前・・・」
稟「はぁ、樹がいる時点でなにを言っても無駄らしいからな、何でも言ってくれ・・・」
め・樹「ミスターロリペドフィン」
稟「漢には戦わなければならないときってあるよな」
樹「稟が何でも言ってくれと言ったんじゃないか。すぐ、逆上するのは稟の悪い癖だよ。ほら、その拳を開いて、開いて」
め「おっ」
樹「ん?ごめん稟、さっきの言葉訂正させてもらうよ。しっかりとれたじゃないか」
稟「え?」
?「・・・・・」
稟「・・・・・」
?「・・・・・」
稟「・・・・・」
?「・・・りん・・・」
稟「え?」
?「りん?」
稟「え~と、確かに俺は稟であるけれども・・・」
?「リ、ネリネ知ってる?」
稟「君、ネリネの知り合い?」
と、言ったとたん、少女は稟に抱きついていた。
?「稟、やっと見つけた・・・」
稟「おい、ちょっと君・・・」
め「稟、そうだったんだね」
樹「稟、安心していいよ。俺様たちはずっと、親友だ」
稟「あからさまに誤解されることを言うんじゃない!!」
め「まぁ、とりあえず、ネリネの家に行ってみるか」
―そして、魔王邸の玄関先で―
稟「ネリネ」
ネ「あ、稟さまにめぐろ?様、おはようございます。稟さまどうかされましたか?疲れていますが・・」
稟「疲れたというか、憑かれたというか」
め「プププ」
稟「そこ笑うんじゃない!」
ネ「リムちゃん!」
?「そいつがプリムラか・・・」
め「!ランサー」
ラ「よお、先日はごくろうさん。今日はそいつに用があるんだが、どうやら邪魔するらしいな。いいだろう、ここで殺してやるよ」
ランサーが登場してきたら、そいつはプリムラを狙っているのでした。さてこれから、どうなるのでしょうか・・・
―続く―

―前回までのあらすじ―
ランサーを封絶内に閉じ込めることに成功し、今すぐにでも戦いが行われようとしていた。
封絶の外では、神王と魔王が封絶の存在に気付き、その近くで封絶が解けるのを待っていた。
さて、これからどうなっていくのだろうか・・・。
―本編―
ラ「ふんっ!ここで俺とケリをつけるか。お前らが死んでおわりなんだよ!!」
そう叫んだのと同時に槍を振り回して、めぐろ?達に攻撃を仕掛けた。めぐろ?達はそれを何とかかわした。
ラ「おらおら~!そんなんじゃ、ケリなんかつかねーぞ!」
め「くっ、隙が見えない・・・」
横「浅魔、貫通力のある銃を」
浅「これか?」
と言って、取り出した銃はバレット社制・M82A2ライフルを出しました(注:M82A2ライフルは五〇口径(12,7ミリ)の弾丸を使うライフルで、1,5キロ先にいる人間を真っ二つにできるといわれています。全長1,5メートル弱。重さ15キロ近くあります)そして、10メートル先にいるランサーに向けて躊躇なく引き金を引きました。
ラ「フン!こんなもの、俺が喰らうか!!」
と言い、槍を使って弾きましたが、弾丸の威力によって若干バランスを崩しました。そこにすかさず、刀野といまいゑが攻撃を仕掛けましたが、なんなくかわされました。
ラ「さすがに、この人数はきついな。なら、こいつを使うしかないか・・・」
そう言って、ランサーは使い魔を出してきました。
その数、7体です。
ラ「これなら、フェアだろ?」
ナ「めぐろ?はランサーを叩いたほうが良いだろう。俺達じゃ、あれは避けられないからな。」
横「めぐろ?頼んだ」
め「了解したよ。ランサー勝負だ!」
ラ「お前が俺を倒せると、おもってんのか!」
槍で突いてきたが、めぐろ?は難なくかわし、その直後にイングラム(浅魔に出してもらいました)を使ってランサーめがけて、乱れ撃ちをしました。
ラ「チィ」
ランサーは槍を回転させて、弾を全て弾きました。
め(やっぱり、速すぎる。ランサーに直撃を喰らわすなら、宝具を避けた後か・・・)
ラ(突きを避けただと。こいつには生半可な攻撃は通じないってことか。なら、アレを使うか)
め「!」(なんだ・・・、まさか)
ラ「これで終わりだ!」
ランサーは自身の魔力を槍に籠めて




ラ「喰らえ!ゲイボルグ!!」

 


一気に籠めた魔力を開放して、めぐろ?を刺した
はずだったが
め「喰らうのはお前だ!」
ゲイボルグをかすり傷負うことなく避けて反撃しました。
ラ「グッ!・・・ハァハァ、何故だ、何故避けられた」
め「終わりだ!」
ラ「くっ」
めぐろ?がイングラムの引き金を引こうとした瞬間、めぐろ?は体が宙に浮くような感じになりました。
そのわけは
七「ざまーないな、ランサー」
ラ「七夜!」
めぐろ?は七夜志貴によって吹き飛ばされていたのでした。
七「ここから出るぞ、一時退却だ」
ラ「だが」
七「上からの命令だ」
ラ「くっ」
七「お前ら、また会おう。外の奴等によろしくな」
意味不明なことを言い残して、ランサーと七夜志貴は姿を消しました。
横「外の奴等?」
い「まさかな~」
刀「そのまさかじゃない?」
悩みながら、封絶を解きました。
すると・・・


―魔王邸―
魔王「ふむふむ、なるほどね。君達は八色の月と呼ばれるものの欠片を集めているんだね。」
め「はい、その通りです。」
なんで、こうなっているのか、封絶を解いたあと、その近くにいた魔王たちとばったり会い、色々と質問されてこうなってしまったのである。
真「その欠片について、なにか心当たりとかは・・・」
魔王「残念だけど、全くないね。なにせ、初めて聞くことばかりだから」
神王「その欠片は一体、どんな物なんだ?」
と、色々と話していくうちに外はすっかり暗くなり
魔王「おっと、つい話しすぎてしまったようだ。どうだね、今晩は泊まっていくかい?」
め「えっと、宿を見つける予定ですので・・・」
神王「なんだなんだ?せっかくまー坊が泊まれっていってんのを無視するのか?」
め「ジャア、オコトバニアマエテ」
神王の迫力に負けて、泊まることになりました。
この土地に八色の月の手がかりはありません。
果たして、見つかるのでしょうか・・・
―続く―

―前回までのあらすじ―
SHUFFLE!の世界に入ったBOKUTOU組のメンバーはその主人公である、土見稟とヒロイン達が通う学園『バーベナ学園』に彼らの動きを観察(?)するために忍び込んだ。
放課後になって、稟たちが姿を現したが、そのタイミングを狙ったかのようにランサーが現れてしまった。
果たして、どうなるのだろうか?
―本編―
ラ「それじゃ、あの稟とかいうガキを殺したらこの世界がどうなるのかを調べさせてもらうぜ。」
い・J「・・・・・」
横「どうした、二人とも?」
い「いや、ランサー程の魔力の持ち主だと、あそこにいる神王と魔王はまず気がつくと思っていたんだけど、全然、気が付いていないんだよね」
真「その答えは簡単なのだわ。なにせ、彼は魔力を限界まで抑えているのですから。」
蒼「だから、僕たちも気付くことが出来なかったんだよ。」
J「そうだったんだ。」
と、ランサーの魔力のことについて話し合っていたら、そのランサー自身がしびれを切らし・・・
ラ「ウルセーな、テメーらには恨みはねーが死んでもらうぜ!なにせ、マスターからの命令なんでな。」
ラ以外「!!」
ラ「うらぁぁぁぁぁぁぁぁーーー!!」
ランサーが槍を振り回した瞬間、めぐろ?達はその場から動き出し、なんとか槍からの攻撃をかわした。
(注:JUMはかすり傷を負ったが・・・)
銀「魔力はあまりこめられてないけど、即死するのには十分すぎるほどの威力よ。」
横「どこか広い場所は?」
い「校庭だと、部活で生徒がたくさんいるし・・・」
と、槍をかわしながら(注:GRAZEはかなりしています、JUM以外)考えていると・・・
横「刀野さん、封絶を使ってください。」
刀「そうか、封絶ならここから一時的に隔離できるしな。」
め「そして、修復も可能だ。」
い「校庭に着いたよ。」
刀(こくっ)
校庭に着いた途端、刀野の足元から魔方陣のようなものが現れて


―刀「封絶」―



封絶が発動した。


め「ランサー、ここでお前と決着を着ける!」
―そのころ、封絶の外では―
魔王「神ちゃん」
神王「おう、マー坊、しっかりと感じているぜ」
魔王「この力は私達の知らない魔法のようだね」
神王「ああ、しかも肉眼では確認が全くできね~」
そして、その後ろにバーベナ学園の生徒が何人かいました。
その内のブラウン色のロングヘアーの女の子が
シア「凄い、目には見えないけどもう一つの空間を無理矢理ここにねじ込んでいるみたい」
(注:まったくその通りです)
すると、今度は水色のロングヘアーの子が
ネリネ「お父様、いったいここはどうなるのでしょうか?」
魔王「う~ん、とりあえずはここに影響はないようだけど、なにぶん、私達も初めて見るものだからね。害が全く無いと言えば、嘘になるだろう」
稟「そんなに凄いものなのですか?」
主人公です。
その隣には彼の幼馴染もいました。
楓「でも、私達のは全く見えないし、感じないのですが・・・」
神王「当たり前~だ。なにせ、ただそこに違和感があるだけで、なにも見えないんだからな。」
魔王「とにかく、この魔法が解けて、術者が現れたら少し話しを聞いてみよう。」
やはり、ばれましたね。
この二人と争うようなことが無ければ良いのですが・・・
―続く―
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[09/27 七夜]
[04/14 めぐろ?]
[03/01 七夜]
[02/09 暴想処女]
[01/21 七死]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]