忍者ブログ
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

―前回までのあらすじ―
風の様に現れ風の様に消えたムスカ
そのロボットによってボロボロになったいまいゑと蒼星石
その二人は今・・・
―本編―
い母「早く、降りてきなさーい」
い「はいはい」
今日は、友達(BOKUTOU組)とキャンプ(合宿)することになっている。
場所は「錬精仙他ー」(森がびっしりです)
―バスターミナル―
め「よっいまいゑ」
い「よぉ、めぐろ?。あれ、水銀燈は?」
め「ここで寝てる」
い「ふーん。俺は逆だけどな」
め「そうか・・・」
―一時間後―
め「着いたぞー」
浅「JUN寝てるよ」
刀「撃っちまえ」
浅「ラジャー」
そして、コルト・パイソン(ガスリボルバー)六発全てを至近距離でJUNは撃たれました。
J「ギャアアアアアアアァァァァァァァァァ・・・・・」
め「じゃあ、まずバトルロワイヤルかつサバイバル戦。時間制限は午後六時まで。
じゃあ、開始」
い「いくぞ」
蒼「はい」
二人はすぐさま森へと消えました。(他の皆も)
―二十分後―
蒼「!マスター、人の気配がする」
い「そうか・・・」
?「今のところはどんな状況だマリアンヌ」
猫を甘やかす声が森の奥で聞こえた
い(きめーーーーー!)
マ「はい、ご主人様。後少しで『都喰らい』の量に達します」
?「そうか。君には働かせ過ぎてすまないね」
マ「いえ、そんなことはございません。ご主人様」
?「さて、邪魔者を排除するか」
い・蒼「!(気づかれた?)」
?「さあ、子鼠共、ここで何してるのかな?」
蒼「お前は、フリアグネ」
い「フリアグネ?確か宝具コレクターの」
フ「私も、君達の耳まで届くよう・・・ん?その人形は確か」
い「まさか、お前も」
フ「ハーッハッハッハッー。これはいい。まさかこんな所でRozen・Meidenと出くわすとは。
ローザミスティカだ。マリアンヌはこれ一つでただの燐子ではなくなる」
マ「では早速戦闘開始ですね」
い「蒼星石、やるぞ」
蒼「はい、マスター。レンピカ!!」
フ「封絶」
い(これが封絶か・・・。思想石のおかへで中でも動ける)
蒼「はぁぁぁー」
ガキィ、ズバン、ドスッ
蒼星石は自分と同じ位の大きさの鋏でフリアグネとマリアンヌの周りにある人形を斬っていた。
蒼「これで最後!」
わずか、六分半でフリアグネとマリアンヌ以外を全て倒したのでした。
蒼「ハァーー」
そして、フリアグネへの一撃が当たったかと思ったら、もうすでにいなくて・・・
い「!うわっ」
水色の炎がいまいゑが半秒前までいた所に当たった
フ「ほお、いい動きだ」
い「!ぐわっ」
しかし、避けた先で思いっ切りフリアグネのパンチを受けた
蒼「マスター。ぐっ」
マ「御主人様、人形わ捕らえました」
フ「ご苦労。蒼星石を返して欲しければ、この森の奥に来い!」
い「くっ」
そして、三人は森の奥へと消えた。
い「畜生・・・」
―森の奥―
フ「マリアンヌ、人形はその木に縛っておけ。私はこれから来る勇者を迎える為の準備をしなくてわ」
マ「分かりました。御主人様」
蒼(マスター・・・)
―一時間後―
フ「遅い!もしかすると怖気づいて逃げたか」
マ「では、早くローザミスティカを」
フ「いや、それでは面白くない。これか、あっちをこの場で殺して絶望というのを味わわせてあげなくてわ」
マ「そうですか」
蒼「マスターは・・・」
フ「ん?」
蒼「マスターは、逃げたりなんかしない!!もし、逃げたのなら、僕はここにはいないはずだ!!!
マスターのおかげで僕はいる。マスターは必ずここに来る」
―5km程離れた所で―
い「!これは、蒼星石の声。・・・そうか思想石の力か・・・」
フ『何故そんなことが言える。ただの人間だろ。この私には勝てまい』
蒼『確かに』
い「そんな程度なのか・・・」
蒼『人間ならね』
い「!!」
蒼『でも、マスターは違う。マスターは不器用だけど、ムスカが来た時からずっと鍛錬してきた。彼は、ただの人間だはなく、僕が認めた大切な人だから」
い(そうか・・・、そうだったのか)
突然、思想石が光だし、いまいゑの左腕が黒い変な模様に覆われ、刀が出現した
(ちなみに、この刀は全長一メートルで硬さを変えられる刀です。名前は『銑鋼刀』(せんこうとう))
フ「フッ、おめでたい人形だ。待っていようとしたが、やめた・・・」
蒼「!」
フ「これは、風魔手裏剣といって、威力はトップクラスなのだよ。これで、殺されるのを光栄に思え。」
フリアグネの手には人間の半身程ある手裏剣があった。
フ「さようなら」
蒼(ごめんなさい、いまいゑ君)
ドシュ!!しかし、目の前に黒い影が突然現れ、フリアグネを膝蹴りした。
フ「!!、ぐわっ」
蒼「えっ」(いまいゑ君)
い「蒼星石に手ェ出すんじゃねー・・・殺すぞ!
フ「やっと来たか。殺れ我が僕共」
しかし、五百を超えるマネキンたちが、0、5秒で全て真っ二つにされていた。
い「俊足の術」
マ「私が相手です」
フ「待つんだ、マリアンヌ」
マ(御主人様、貴方の力で私をもう一度甦らせてください)
フ(それでいいのか)
マ(『都喰らい』ができたら、きっとまた、貴方の元に来ます)
フ(わかった・・・)
い「邪魔だー!火遁豪火球の術!!」
マ「ギャアアアアァァァァ・・・」
マリアンヌは4倍も大きい火の玉で焼き消された
フ「約束しよう。マリアンヌお前の為に。だから・・・貴様は一発で殴り殺してあげよう」
い「やってみろよ、カス!千倍にして返してやるから」
フ「お前こそやってみろ、ただの人間がァァ」
蒼「!(えっ)」
い「影分身の術」
フ「な、なにぃ!!!」
いまいゑは千体も自分の実体を出していた。
い(千人)「どうした、俺を一発で殺すんだろ。・・・・それじゃ、こっちからいくぜぇ」
フ「ウワァァァァァァァ・・・・くぁswでfrgthyえdthyjkp;@:・・・・・・・」
フリアグネは断末魔と共に消えていった。(ちなみにフルボッコです)
蒼「す、すごい」
い「御免な。来るの遅くて」
蒼「そんなこと・・・無いよ。ありがとう、いまいゑ君」
い「さ、さあ、早く戻ろう。めぐろ?達が待ってるからな」
蒼「うん!」
い(初めて、名前で言われたな・・・ま、いっか)
―続く―

―あとがき―
お久氏鰤です。
ついについに20話に来ましたーーーーーー
いいぇええゑええええええええええええええい
爆発し過ぎました。
でも、まだやるのでよろしくお願いします。
敵伽羅紹介
フリアグネ・・・『灼眼のシャナ』より
『都喰らい』を起こそうとしたがシャナによって討滅された紅世の王
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
待ちに待った新作だな。
今回はあふれ出したクオリティが爆発してたぞ。
でも今回は多々表現が難しくて理解できない
部分があったから今から小学校から国語の
勉強をやり直してくる
vipper 2008/04/21(Mon)20:44:34 編集
無題
ラブコメに移行の予感
ししんたん 2008/04/21(Mon)21:24:24 編集
無題
おかへwww
琥珀 2008/04/28(Mon)20:18:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[09/27 七夜]
[04/14 めぐろ?]
[03/01 七夜]
[02/09 暴想処女]
[01/21 七死]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]