忍者ブログ
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

―前回までのあらすじ―
JUNと真紅が朝倉涼子と戦っているとき、外では・・・
―本編―
雛「うゆ~、外が騒がしいの~。戦オタ、戦オタ!!」
戦「どうした?雛苺」
雛「風がビュービューって唸っていて怖いのー」
戦「ハハッ、そりゃテントで寝てるんだ。当然だろ」
そう。戦オタと雛苺は、テント(迷彩色)で寝ているのでした。
雛「それに、ドスンドスンって遠くから聞こえてるのー」
戦「まさか」
外にはすでに、黒くてでっかい箱と、白くてでっかい箱(雀牌)が大量にありました。
戦「何だこれ?」
雛(ブルブル)
戦「どうした?」
そのとき、ドッスーーーン
戦・雛「!」
何故か、一索(以降ゆとり)が四枚だけこちらを向いていいました。
ゆ「ココカラデテイケ」
戦「?」
ゆ「ココカラ!・・・デテイケ!!」
突如、言い終えた後、ゆとりから竹串が大量に吹き出してきました。
戦「うわ!!」
雛「えい!!」
その竹串を全て、苺轍で防ぎそのまま、攻撃にうつしましたが、黒い白に防がれました。(防御力:墓石級)
ゆ「ムダダ、ソンナコウゲキハキカナイ」
戦「雛苺、いったん退くぞ」
雛「アイアイサーなの」
戦オタと雛苺は、深夜の森へと消えていった。
ゆ「オイカケロ!!ヤツラヲマッサツスルノダ」
―テント地から5kmの地点―
戦「ハァハァ、こ、ここまで来れば、しばらく分からないだろう。雛苺、他に武器になるのは無いのか?」
雛「ひなはもうあれしか無いの。でも、戦オタの思想石の力を使えば何とかなるかもしれないの!」
戦「僕の思想石の力?」
雛「そうなの。その思想石は、え~と、イメージを形に出来るものなの」
戦「そうか、そういうことか。それなら、雛苺、ちょっと手伝って」
雛「まかせろなのー」
―その一時間後―
ゆ「ミツケタゾ、カンネンシテデテイケ」
戦「やだね。どうしても出て行ってもらいたいのなら、力ずくでやってみな」
ゆ「シカタガナイ、イケ」
すると、ゆとりと發と白以外が戦オタ達のところに向かっていきました。
戦(今だ)
戦オタがボタンを押した途端、 雀牌の下が爆発しました。
ゆ「ナンダ?」
戦「さっきの 雀牌の下と周りにC4(プラスチック爆弾の一種)を仕掛けておいたんだ」
ゆ「ソンナノハ、モッテイナイハズダ」
戦「まぁ、さっきまでは・・・」
ゆ「コウ、ナメラレテハシカタガナイ、シンデモラウゾ!」
戦「どうぞ、やれるものならね」
その直後にMP5Jを乱射したが、全て墓石で防がれた。
ゆ「ムダダ。コノハカイシハスベテノコウゲキヲムコウニスル」
戦「ちっ」
ゆ「カンネンシロ」
戦「・・・・・」
その時
バリバリバリ
雛「なのー!」
雛苺が直径1.8mの鉄の棒に跨って木の上から降ってきて、發全て粉々にした。
ゆ「~~~~、ヤ、ヤッテシマエ!!」
白から手のようなものが伸び、その手の上には墓石に使われる石が握ってあり、それを投げつけてきました。
戦「うわーー」
雛「なのーーーー!!」
二人は、叫びながら全てかわしました。
白「・・・・・」
戦・雛「ハァハァ・・・」
ゆ「マダ、テイコウスルカ。モウアキラメロ」
戦「ハァハァ」
ゆ「ツカレテモノヲイウコトモデキナイカ」
戦「・・・・・」
ゆ「!!」
突然、戦オタが手に削岩機を持って白に襲い掛かった。
ガガガガガ、ズキューン、バキバキ
白が全て粉々となって消えた。
ゆ「・・・・・」
戦「つまり、これが答えだ」
ゆ「キ、キサマラ~~~~~。タダデカエレルトオモウナヨーーー!!」
戦「へいへい、やれるものなら、どうぞ」
ゆ「フッ、シヌガイイ」
ゆとりの足元から竹が急速に成長し、戦オタ達に襲い掛かった。しかも、全方位なので逃げ場はない。
ゆ「サラバダ・・・」
しかし、竹は火に包まれていた。
ゆ「ナ、ナニ」
戦「よいしょっと」
竹が火に包まれた訳は、戦オタが火炎放射器で焼き払っていたからでした。
戦「こんな所で、殺されてたまるか。お前らには、これで十分だ」
と、言って取り出したのはRPGで、四発で全てを壊しつくしました。
ゆ「ギィヤァァァァァァァ・・・」
戦「・・・・・ふぅ」
雛「危なかったのー」
戦「もう、怖くないだろう」
雛「うん!!」
戦「じゃ、寝るか。もうさすがに疲れた。」
雛「じゃあ、寝るのー」
そして、二人はテントに入り夢を見てるのでした。
―続く―


ども、いまいゑです。
最近、更新が遅いと思っている方が多いでしょう。
申し訳ない。ルーズリーフにネタを書いてるのですが、これが、2~3枚(裏も使います)になるので大変で・・・
それと、My friendに言われて気付いたのですが、この作品タイトルが未設定でした。
なので、ここで発表させて頂きたいとおもいます。
そのタイトルは
『八色の月~七色を越える奇跡の夜~』
というような感じです。
では、また。

敵伽羅紹介
雀牌のゆとりども
麻雀の牌からの登場です。
元ネタはありません。

コメントレス>>
vipvippervipest>>今、どちらに居ますか?
あさま>>後ほど見たときに把握した。ちなみに反省はしていない。
たけし>>何をしたのですか?ちなみに、脱獄の方法はTRAIN-TRAINのPVをカラオケ屋で見れば分かるでしょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
新作キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
名無しに変わりましてVIPがお送りします。 2008/06/09(Mon)20:49:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[09/27 七夜]
[04/14 めぐろ?]
[03/01 七夜]
[02/09 暴想処女]
[01/21 七死]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]