忍者ブログ
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりです。
今回は神々が恋した幻想郷に歌詞を振ってみました。
なにかと、意味不明かもしれませんが楽しんでいってください。
歌詞はいつも通り続きのところにあります。

秋には 光っています
山の 木々と共に
人間も 妖怪も
共に 月見です

空には 雲ひとつ無い 闇広がり
その中 ひときわ輝いてる 月よ

もし月が 無いと
闇 全てを 包み込んでしまう

夜の明かりは とても美しいもの
だけど美しい分 とても消えやすいものだよ

きらりと 光っています
秋の 夜の空から
何千年 何万年
照らし続ける

きらりと 浮かんでいます
秋の 夜空の海に
これからも 幻想郷
守り続けます
光っている限り
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
氏ね
咲夜 2008/12/22(Mon)10:52:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[09/27 七夜]
[04/14 めぐろ?]
[03/01 七夜]
[02/09 暴想処女]
[01/21 七死]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]